Home > 人生を考える > 書籍 Archive

書籍 Archive

読書記録を別にしました

  • Posted by: yumi
  • 2011年7月 7日 23:22
  • 書籍

社会人になってからはだいたい本は買ったものを読んで、気に入ったものは本棚に入っているし付箋つけたりメモしたりするし、購入履歴もamazonなどで見れるので問題なかったのですが、今日から読んだ本は別で記録することにしました。

それが読書メーターです。

他に有名な読書記録サービスとしてはブクログがあるけど、ここはあえてシンプルな方をチョイス。

なぜ、別に記録しようと思いたったかといえば、最近、子ども用の本が気になってきたから。昔読んだ本や、一般常識を学ぶ本など、今読むからこそ身につくものがあるかもしれないと感じたんですよね。

そうなると、読書数が増えるし、図書館で借りるのが多くなるから、記録していかないとどの本が良かったか分からなくなりそうで。それに、タイトルとかいちいち書くのも面倒になってきたしね。

そんな訳で、始めました。
左のバーの下に「最近読んだ本」を載せたし、準備はOK。

今日からなんで、今年50冊読めれば良いかな程度です(^^)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

中島らも/今夜、すべてのバーで

  • Posted by: yumi
  • 2010年5月28日 16:02
  • 書籍

今夜、すべてのバーで 中島らも著 →★★★☆

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
薄紫の香腺液の結晶を、澄んだ水に落とす。甘酸っぱく、すがすがしい香りがひろがり、それを一口ふくむと、口の中で冷たい玉がはじけるような…。アルコールにとりつかれた男・小島容が往き来する、幻覚の世界と妙に覚めた日常そして周囲の個性的な人々を描いた傑作長篇小説。吉川英治文学新人賞受賞作。

筆者自身の経験を元にした作品だそう。お酒を楽しんで飲むのではなく、現実から逃避する「道具」として飲む人がアルコール中毒になるというのは確かにそうかも。はじめ、下戸一族で育った私からすれば、あまり興味のない世界だと感じていましたが、体験者の内からの声、客観的にみた声、傍観者としての声、様々な見方や個性的な登場人物といった文章のうまさで、最後まで読んでしまいました。

*天童子さやか「あたしは、自分とおんなじ人たち、生きようとしてても運悪く死んでしまう人たちの中で生きたいの。生きる意志を杖にして歩いていく人たちの流れの中にいて、そんな人たちのためだけに泣いたり笑ったりしたいの。だから、思い出になってまで生き続けるために、死をたぐり寄せる人たちと関わりたくないわ。そんな時間はないんですもの」
→とても納得。

*平均寿命の伸びと定年の落差も膨大な「空白の時間」を生む。「教養」のない人間には酒を飲むことくらいしか残されていない。「教養」とは学歴のことではなく、「一人で時間をつぶせる技術」のことである。
→これは私も考えていたこと。酒、パチンコ、ゲーム、ネットサーフィンに明け暮れる毎日って、外から見ててもつまらない。海外ではボランティアで成り立つ慈善事業も多く、また、参加している方の意識も強いのだけれど、日本ではあまりないですよね。特に定年後の方が働けるような場所が。

かくいう私もそろそろ働くか、別の方法で社会のために何かしようと思っています。「人生ひまつぶし」とはよく言ったものですね。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

奥田英朗/空中ブランコ

  • Posted by: yumi
  • 2010年5月27日 15:52
  • 書籍

空中ブランコ 奥田英朗著 →★★★★

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾。


ある精神科医が、院長である義父のヅラを取りたくてたまらなくなる病の回が一番面白かったです。短編ではあるけれど、どれも人事じゃない話で参考になります。私も伊良部のようになりたいわ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

奥田英朗/イン・ザ・プール

  • Posted by: yumi
  • 2010年5月25日 15:33
  • 書籍


イン・ザ・プール
 奥田英朗著 →★★★★

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。

この人の、初めて読んだんですが、面白い!短い話なので、サクサク読めちゃいます。面白いだけかと思いきや、ストーリーはどれも患者の悩み解決(治療)なので、たまにタメになったりします。

イン・ザ・プールの回では、だんだん長く泳げるようになってくる患者に共感しすぎて、いつも25m泳いでは休んでた私も100mノンストップで泳げるようになっちゃいました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > 人生を考える > 書籍 Archive


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top