Home > おうち食堂 > おとりよせ Archive

おとりよせ Archive

蝦夷バフンウニ

P1190277.jpg
dancyuのポイントが貯まったのでdancyuドットコムで蝦夷バフンウニを買ってみました。色がまだらな訳あり品です。

P1190284.jpg
本当にまだらですが…ウニって、色の違いと同じくらい味のばらつきがありますよね。これはミョウバン臭くなく、味も比較的コクがあって美味しかったですが、思ったよりは普通でした。学生の頃は、蝦夷バフンウニというと憧れだったけれど、食べていくうちにそうでもない気がしてきました。

たぶん、自分で採って海水で洗って食べるウニが一番美味しいのではないかと思ったりします。

P1190288.jpg
あと、このウニは磯の香りがしたので、酢飯に変えて食べました。相性UPです(^^)

P1190291.jpg夫はこの後、焼酎と合わせて楽しんでました。

食べるものと飲むものを合わせると、別の美味しさが生まれるというのは不思議です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

長崎ぶたまん桃太呂のぶたまん

長崎ぶたまん桃太呂(音出ます)のぶたまん →★★★★

ぶたまん
夫が『料理の怪人』というテレビ番組を見ていて「これ注文して!」と言うままに、注文。注文が殺到したせいか1週間くらい遅れて到着しました。10個入り600円。

シンプル ひとまず蒸してみよう
驚くべきはその原材料。シンプルすぎる。そして、皮も包むのも全て人の手によるものだそう。ひとまず蒸してみましょ。27センチの蒸し器にちょうど10個入ります。

蒸しあがりです!
蒸しあがり!

まんじゅうだな
美味しいけど…ってあれ?中を開けてみると、具材はほとんどないです。どうりでこの原材料で賞味期限が1週間ある訳だ。んで、これ、皮が美味しいのよ。生イーストだからかな。味も控えめで、中国茶と相性抜群です。ぶたまんというより、まんじゅうのイメージで食べれば、とてつもなくアリです。美味しい。

都内のデパートで売っていれば、定期的に買いに行きたいぐらいです。

まずは、家で作るぶたまんの皮を改良したいと思います!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

生蝦夷バフンウニ…はずれ

ウニ塩水パックの蝦夷バフンウニ。ネットで高評価だったので、超期待して買ってみました。

そして、届いてみたらロシア産。えー、何も書いてなかったじゃん。粒の大きさや色あいはもともとワケありだから知ってたから良し。

美味しそう! あれ
そのまま塩水を切って、ご飯の上に。で、食べてみたら…はずれ。大ショック。

後でレビューを見ると、100件以上あるのにロシア産で驚いた人が一人しかいないし、味で低い評価をしている人がほとんどいないのもなんだか変…。うーん…。


今回は安かったし、まあこんなものかと勉強させて頂きましたが、今後は同じようなことがあれば連絡してみようと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > おうち食堂 > おとりよせ Archive


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top