Home > 食べ歩き > 東京-築地 Archive

東京-築地 Archive

大江戸線築地市場駅より徒歩4分/ラーメン-若葉

築地 若葉若葉 →★★★
住所:東京都中央区築地4-9-1  MAP

鰹節とだしパックを買った後寄ったラーメン店。きつねやの並びにあるので、築地に来たことのある方は一度は目にしているかと思います。

なんとなく味の想像ができるので、今まで素通りしていたのですが、夫がまだ食べられるということで寄らせていただきました。

ラーメン
頼んだのは基本の中華そば(600円)。白ネギ、メンマ、チャーシューというごくごく普通の具。シンプルな鶏がらスープに極細麺が絡んで、とても優しい味わいです。お酒をはしごして、最後に屋台で食べたいラーメンといった感じでしょうか。

昔は仲買さん相手の"待たせないラーメン"ではじめたお店も、いまや"ほっとさせるラーメン"になりました(^^)

山長の玉子焼き 立ち食い牡蠣
ほかにこの日は、山長の玉子焼き(100円)を食べました。おすし屋で食べる玉子焼きで美味しかったです。あと。某場所で桜牡蠣を頂きましたが、これは失敗でした。築地で海鮮を選ぶのって、結構博打に近いです。


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大江戸線築地市場駅より徒歩6分/海鮮丼-築地虎杖 南店

築地虎杖(つきじいたどり) 南店 →★★★☆

築地に7店もある有名店。一度は行ってみたいと思っていたのですが、どこも満席状態。たまたまこの南店はちょうど行列がなくなっていたので、思い切って寄らせて頂きました。
築地虎杖 海鮮ひつまぶし
築地虎杖といえばカレーうどんでしたが、今となってはこの海鮮ひつまぶし、というほどテレビや雑誌で取り上げられています。結局、うちら2人とも注文。

海鮮ひつまぶしこの海鮮ひつまぶし(2100円)は

1.そのまま海鮮丼として食べる
2.おひつのご飯に甘煮(レンコン・かんぴょう・しいたけ)を加え、ごはんがウニ色に染まるぐらいに混ぜて食べる
3.2.のごはんにダシをかけて食べる

という3通りの食べ方の説明を読んでいたら、ひつまぶしが登場!画像で見るよりも、実際は底が浅いので量はそれほどありません。他の雑誌などではお刺身が12種類入っているとか見たけど、そうでもないみたい。お刺身の味は、そこそこお値段ぐらいなのかなぁという感じ。割安感はありません。ウニをご飯と混ぜるというのは斬新で美味しかったし、ダシをかけるのも面白いなぁと思いましたが…う〜ん、ダシが変わった味ですねぇ。

個人的にはわざわざ築地まで来て食べる味ではないと思いますが、やっぱり有名なので、築地観光の方にはオススメなのかも。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

築地場内*大江戸線築地市場駅より徒歩7分/印度カレー-中栄

中栄中栄 →★★★☆
住所:東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場1号館 MAP

鰹節を買いに築地までお出かけ。今回の腹ごしらえは、夫が行きたがっていた大正元年創業の印度カレー屋さんです。

印度カレー ハヤシライス
頼んだのは夫が印度カレー、私がハヤシライスどちらも500円だから驚きです。メニューは他に甘口のビーフカレー(500円)と好きな2種類を選べる合いがけ(600円)のみ。いたってシンプルですね。

昭和30年から変わらないレシピという印度カレーは、辛くて、それでいてあっさりと飽きがきません。お肉と野菜を煮込んだスープにルーを入れて1日寝かせるといったシンプルな製法そのままの素直な味ですね。ハヤシライスもトマトのちょっとした酸味がさっぱりと、美味しく頂けました。千切りキャベツがこれまた、よく合うんだなぁ。

カウンターのみ
グルメなカレーではないですが、築地で働いている方々の「カレーが食べたい」という願いをどれだけ満たしてきたか、と考えると、このお店の存在の大きさをひしひしと感じちゃうので、☆を追加しました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

地下鉄大江戸線築地市場駅より徒歩5分/食堂-豊ちゃん(トヨチャン)

豊ちゃん →★★★★☆
住所:東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場1号館 MAP

カツカレー発祥のお店であり、オムハヤシライスやカツが別皿になっているアタマライスなどが気になっていて、いつか行ってみたいと思っていました。築地は寿司系以外はだいたいすいているのが嬉しいところ。

カウンターだけの小さな店舗ではありますが、いいね、この余計なものがない感じ。

P1070848.jpg
彼はオムハヤシライス。ああ、いいわ…。玉ねぎ入りの卵は優しい味ですね。

P1070849.jpg
私はカツ丼。これがまた、私と彼好みの味!!カツ丼食べたい者が求めるカツ丼という感じで、今まで食べた中で一番好き!。今後は豊ちゃん目当てで築地に行こうかな。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大江戸線築地市場駅より徒歩4分/丼-きつねや

きつねや →★★★
住所:東京都中央区築地4-9-12  MAP

きつねや みんなで立ち食い
築地に向かう途中、必ず目にするきつねや。築地場内で食べるから…と、いつもは泣く泣く素通りしてるんですが、今日は(彼が)まだお腹に余裕があったので寄ってみることに。

足を止める瞬間
ぐつぐつと煮込まれている大鍋からホルモンがよそわれる瞬間。目を奪われます。

ホルモン丼
このお店はホルモン丼と牛丼が二大看板なのですが、私の方はお腹がいっぱいだったので、今回はホルモン丼(800円)を注文。なんとも美味しそうでしょ?

うまいよ
見た目よりずっと甘みも塩分も少なくて、濃厚な八丁味噌味。実際はそんなに煮込んでないと思うんだけど、こんにゃくもホルモンもタレがよく染み渡っていて何日も煮込んでるような仕上がりです。

ホルモンの味が分からなくなる程の濃い味付けなのと、まあいろいろと気になるところがあって私はあまり好きではないですが、これはハマる人がいるだろうなぁ〜と思いました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

築地場内*大江戸線築地市場駅より徒歩7分/寿司-岩佐寿し

岩佐寿し →★★☆
住所:東京都中央区築地5-2-1築地中央卸売市場内1号棟 MAP

岩佐寿し 岩佐寿し店内
豊ちゃんで食べた後、まだ余裕があったので、隣にあった岩佐寿しに寄ってみました。土曜日12時半過ぎで5、6人の行列だったかな?カウンターだけの小さなお店ですが、活気がありました。

特上にぎり 上にぎり
彼は特上にぎり(3000円)、私は上にぎり(2500円)を注文。思ったよりネタは普通で、悪くはないんですが、どうしても同じ築地のお寿司屋と比べてしまいますね。

吉野家ちなみに、岩佐寿しの通りの端には吉野家築地一号店があります。他店舗と違って品格を感じる概観ですよね。狂牛病で牛丼が消えた時も、この築地一号店ではずっと販売していましたよね。築地ならではの専門用語もあるようですよ。

詳しくはWikipediaが分かりやすいかも(^^)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

築地場内*大江戸線築地市場駅より徒歩7分/食堂-豊ちゃん

豊ちゃん →★★★★
住所:東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場1号館 MAP

築地 豊ちゃん 豊ちゃん店内
築地場内にある大正8年創業の洋食屋、豊ちゃん。一度行きたかったんですよね〜。有名なお寿司屋は行列ができていますが、このお店含め、他のお店はあまり待たずに入れます。

あたまライス 旨い
「うちの料理はお客さんがつくる」とモットーにしているだけあって、メニューは実に個性的です。その代表がこのあたまライス。お酒を飲むお客さんのために、カツ丼の具を別にしたのが「あたま」それにライスがついているんです。

しかも、このあたまが良いっ!今まで食べたカツ丼の中で、一番カツ丼の味がするんですわ。言うなれば、体が疲れきってお腹が減って、でも力をつけたい、そんな時に「ああ、これが食べたかったんだ」と思えるカツ丼の味。個人的には好きだわ〜。

オムハヤシライスほかにカツカレー発祥のお店とも言われているんですが、カツがかぶるというので、彼はオムカレーを注文、うわ〜、そそられるわ〜〜。玉ねぎ入りの半熟オムライスに懐かしい味のカレーが絡んで、この組み合わせは良いですね。


観光名所化した築地にあって、本来のお客さんを大事にしているのは良いなと思ったのと、好きなカツ丼の味だったので奮発して★4つ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

築地場内*大江戸線築地市場駅より徒歩7分/寿司-大和寿司

07081230.jpg大和寿司 →★★★★
所:東京都中央区築地5−2−1 築地卸売市場6号館  MAP

夏期休暇を頂いたのですが、何も一番高い時期に旅行に行かなくても…ということで、都内の新しいビジネスホテルで泊まって食べ歩きをすることに。

普段食べられないものを考えて思い浮かんだのが、築地の大和寿司。ホテルを早めに出て向かいました。お盆真っ只中の猛暑…さすがに寿司食べる人少ないでしょとタカをくくっていたのに、並んでましたねぇ〜…><
10時に着いて、結局食べ始めたのはほぼ11時頃。10時40分ぐらいにはネタが足りないとのことで行列が止められてしまいました。食べに行かれる方は、余裕をもって並ぶ必要がありますね。

大和寿司は2カウンターあって、一方は大将、一方はその息子さん(?)が仕切っているみたい。どちらのカウンターになるかは、その時にならないと分かりません。幸い、うちらは大将の前に座ることができました。

07081231.jpg 07081232.jpg
カウンターは狭いですし、後に汗だくで待っている方がいると思うと、おまかせ以外は頼めません(笑)。お茶かお酒をオーダーした後は、すぐに出てきます。まずは海老と赤味。とにかく次々と出るので、せかされます。
そして、鉄火巻きと白身+きゅうりの巻物、海胆、白いか。特記するほど「旨い!」というのはありませんが、どれも十分に美味しい。

07081233.jpg 07081234.jpg
穴子にカンパチ…かな。穴子は柔らかく、カンパチはコリコリ。でも、ちゃんとお寿司になってて美味しい。大トロも見たまんまにとろけて美味しい。上品さはないけれど、ネタは新鮮だし、酢飯も酢が強すぎずに食べやすくて、しかも3500円と明朗会計が良いですね。

07081235.jpgなにより、これだけ外国人やカウンターに慣れていない方々(私も)がいるのに、親父さんが「写真撮っていいよ〜」などと常にお客さんにちゃんと声をかけているのが嬉しく感じました。この心意気だけで、私は築地が好きになってしまいます。

あれだけ並ぶのはもうコリゴリですし、ゆっくりはできませんので、リピートは難しいですが、一度は食べに行くべきお店だと感じました。

※築地市場に行かれる際は、休開市日を要チェック!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > 食べ歩き > 東京-築地 Archive


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top