Home > 食べ歩き > 東京-浅草 Archive

東京-浅草 Archive

銀座線浅草駅から徒歩10分/フルーツパーラー-ゴトー

フルーツパーラーゴトー  →★★★★☆
住所:東京都台東区浅草2-15-4  MAP

P1190281.jpg
最近お互いやることが多くて、デートらしいデートが少ないね、と夫がパフェを食べようと誘ってくれました(^^)私はマンゴーパフェ。マレーシア産だっけ?相変わらず素晴らしい眺めです。マンゴー自体は、さっぱりしつつもちゃんと甘くて酸味も少なくて、上品なものでした。

P1190283.jpg
夫はチョコバナナパフェ。私の食べたいものを汲んで注文してくれる素敵な夫。いちごよりもバナナが弾力あって濃厚で美味しかったです。スイーティだっけ?

フルーツは本当にタイミングが難しくて奥が深いと思っています。今後も通い続けていきたいです。

2011-04-17
あまおうパフェ
今回、浅草に来た一番の理由はここのあまおうパフェを食べること!最近、甘いあまおうがなかったので、ここなら…と思って期待して来ましたが…うーん、やっぱりあまおう全体がこんな感じなのかな。

中のいちごアイスも、夫の頼んだ本日のパフェにあったバナナアイスも、自分で作る手作りアイスと味があまり変わらなかったので、前回程の感動はありませんでした。

でもまあ、もともといちごの旬も過ぎている訳で…次回はきちんと旬に合わせて行かないと!個人的には桃を食べてみたいんですよねぇ。

2010-10-31
フルーツパーラーゴトー
風邪気味だし、最近美味しいフルーツ食べてないなと思い、かねてから行きたかったゴトーへ。

メニュー
普通の喫茶店だけど、メニュー表を見せてもらって確信。ここきっと美味いわ…。フルーツの状態で毎日メニューを変えているっぽいですね。

本日のパフェ 梨と柿のパフェ
夫は本日のパフェ(800円)、私は季節の梨と柿のパフェ(1000円)。まず、フルーツがどれも美味しい。私の食べたパフェでは洋ナシと和梨、柿、どれも最高の状態でした。特に柿は熟れて形が少しくずれかけているもので、私が一番好きな状態なんだけど、見た目からか、お店じゃなかなか食べられないんすよ。シャインマスカットも高いのに乗ってるのが嬉しい。

生クリームも脂肪分あるのにさっぱりして、甘味控えめで、フルーツを活かしてます。真ん中には自家製アイス。夫のはバナナアイスで私は梨のアイス。シャリッとして、いかにも家庭のアイスなんだけど、同じく自家製のソースとあいまって、美味しい。グラスの最下層までアイス、生クリーム、フルーツだけの、フルーツ好きのためのフルーツパフェです。

ここ、好きだ!

また食べに行きたい!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

浅草駅より徒歩3分/亀十のどら焼き

亀十亀十 →★★★
住所:東京都台東区雷門2-18-11  MAP

どら焼きが有名なので、一度は食べてみたいと思っていた亀十。早速、店内で物色したら、なんとどら焼き1個300円!確かに普通のより大きめだけど、高いわよー。いつも「良いものなら高くて当たり前」と価格にゆるい私も、一瞬、躊躇しちゃいましたよ。

あずきと白あん 生地おいしい
まあ、買ったんだけどね。ここのどら焼きはビックリするほど生地がキメ細やかでふんわり!でも、小豆は「美味しいけど、もっと美味しい餡子はあるよね」という感じなので、総合的にはちょっと残念かなー。白あんの方が完成度は高かったです。いやー、でもやっぱり、300円は高いわー。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

浅草駅より徒歩2分/居酒屋-酒の大桝 雷門店

だいます酒の大桝(だいます) 雷門店 →★★★☆
住所: 東京都台東区浅草1-2-8  MAP

酒屋直営の居酒屋ということで、夫に薦めて来店。夕飯前の微妙な時間帯だったためか、お客さんはまばら。

窓際 ビール
窓際のカウンター席は簡易的な椅子なので、長時間は無理かなぁ。メニューにはごはん系はなく、全て肴。良いですよね、この潔さ。

1杯目はいわての地ビールを頂きました。

東北応援
窓にはお手製の「東北応援」チラシが。それぞれの地域にある酒蔵や関係者の言葉とともにお酒が紹介されています。

豊国酒造
もう、こんなこと書かれたら飲むしかないですね。夫、私の分も飲んでくれましたよ。

厚揚げ厚揚げ。こういったシンプルな肴って、嬉しいものですよね。

近くに座っていた女性は一人でお酒と肴をがっつり頂いていて、かっこ良かったなぁ。下戸で残念だわ。

駅から近いし、お酒を飲む方には使い勝手の良いお店だと感じました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

浅草駅より徒歩2分/食堂-浅草 ときわ食堂

浅草 ときわ食堂 →★★★
住所:東京都台東区浅草1-3-3  MAP

浅草 ときわ食堂 店内もきれい
大正11年創業「100年食堂」の浅草 ときわ食堂。巣鴨で名前だけは知っていたときわ食堂ですが、ここ、一度行ってみたかったんですよね。ちなみにときわ食堂はチェーン店ではなく暖簾分けのグループです。

平成22年にリニューアルして、100品以上あったメニューも半分ぐらいに削ったようですよ。

とん皿
豚肉をすき焼き風に煮込んだ「とん皿」単品600円。ご飯は大盛り。盛付が玉ねぎ多目だったのtp、味が濃いので卵1個じゃ全然足りないのは残念だったかな。

B定食
私はB定食。しょうがやきとお刺身、大根の即席漬け、味噌汁で1000円ぐらい。お皿もきれいで嬉しい。お刺身も量は少ないけど、青柳やホタルイカもついてて十分満足です。

雷門からすぐの場所にありながら、終日1000円程度でお腹がいっぱいになるのは良いんじゃないでしょうか。4代目に期待ですね!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

都営稲荷町駅より徒歩5分/カフェ-itonowa (イトノワ)

itonowa (イトノワ)
 →(スコーンだけ)★★★★☆
住所:東京都台東区松が谷1-13-10  MAP

パフェを食べに浅草へ行くことにしましたが、それだけではなんなので、上野駅から1駅(か2駅目)の稲荷町駅で降りて、スコーンがとても美味しいと評判な、新しいカフェに寄ってみることに。

itonowa (イトノワ)外から itonowa (イトノワ)
路地側にあるドアの前に店名の立て看板があるだけの、シンプルすぎる店がまえでしたが、お昼だったからか満席でした。席数は少ないけど、いやー、この立地で満席はすごいなー。

外でウロウロしてたら、お店の方が出てきて案内してくれました。おー、こういうカフェに似合う、雰囲気良い方だわ。

スコーン
持ち帰り用のスコーンは1コ160円。プレーンと胚芽を2つずつ買って、温かかったから外で食べてみたら、まあ美味しい。ソフト系のスコーンでは私が今まで食べたなかで一段階飛び出てる美味しさ。同じ材料で突き詰めればここまで美味しくなるというお手本だと感じました。何個でも食べられそう。ちなみに胚芽の方が美味しいです。

冷めても、冷めたのをトーストしても、やはり美味しかったです。

私はスコーンってボソボソしてる方が好き(ミルクティーをたくさん楽しめるため)なので、リピートまではいきませんが、これ絶対はまるだろうなって友達が何人か思い浮かびました。お薦めです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

468の穴子棒寿司

468468(ヨーロッパ)の穴子棒寿司 →★★★☆
住所:東京都台東区西浅草3-23-14  MAP

こちらも行きたかったお店。かっぱ橋商店街の2つ路地裏で、店名も468と書いてヨーロッパと読むなんとも不思議なお店です。

店内で頂こうかと思ったのですが、お客さんもいましたし、なんとなくお土産でいいかなと思い、注文。その場で作ってくれるのは嬉しいですね。

店名は変わっているけれど、お店はとても清潔で、店主の仕事も丁寧で好感もてました。とても真っ当な商売してますし、遊び心というかセンス良いです。

わーい
こちらがお土産の穴子棒すし(1つ1575円)。見本が小さかったので2つ頼んだんですが、思ったとおりの大きさで安心しました。見本の大きさが小さかったと思います。割り箸もオシャレ。

おほー
普通の穴子と違って、ハモのように包丁で細かく切れ目を入れているのが特徴的。タレはかかっておらず、酢飯とシャリだけのシンプルなお寿司です。

美味しい
とろける穴子ではなく、炭火の香ばしい香りがする歯ごたえのある穴子。酢飯美味しかったなぁ。中には海苔がはさんであります。私はやっぱり甘タレがのってるとろける穴子の方が好きなんですが、これはこれで素晴らしいですね。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

浅草駅A1出口より徒歩5分/おにぎり-宿六(やどろく)

宿六 →★★★★
住所:東京都台東区浅草3-9-10 MAP

寿司屋のようなカウンター おにぎり 浅草 宿六

オマージュに寄った帰りに、たまたま見つけたお店です。以前から「(自称)東京で一番古いおにぎり専門店」として気にはしていたんですが、なかなか行く機会に恵まれなかったんですよね。

もちろん、入店!

白木のカウンターとショーケースはまるでお寿司屋のよう。見るからに人柄の良さそうな女将さんが出迎えてくれます。

熱い日本茶をすすると、なんだか自分家のようにホッとしてしまいます。

おにぎり
メニューはおにぎりとお味噌汁、お茶漬けのみ。たくわんの入ったかごに、握りたてのおにぎりが入ります。私は高菜漬、夫はおかか(だっけ?)。お値段は280円程するので、安くはないですね。これから混んでくる時間帯とおっしゃっていたので、お米は炊いてから時間は経っていましたが、もっちりして良いお米でした。握り方もとても柔らかく、具もたっぷりで、食べていると「やっぱり日本人はお米だなぁ」としみじみ。

赤味噌汁薦めて頂いた赤味噌汁は、注文ごとにお味噌を溶いて作ってくれるもの。これは嬉しいなぁ!ダシも良いし、ふくよかな香りがたまりません。煮詰まっていないので、味が濃すぎないのも良いです。家で飲む味噌汁でした。

また近くを通ったら寄りたいなぁ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

都営浅草駅より徒歩10分/フレンチ-オマージュ

hommage(オマージュ) →★★★☆
住所:東京都台東区浅草4−10−5 MAP

オマージュにて誕生日のお祝いにと、夫が探してくれた浅草の新しい名店オマージュ。駅から遠く分かりにくい場所にあるのに、ほぼ満席なのに驚きました。10テーブルくらいの小さめの店内はお料理の値段と比べたらカジュアル。カップルやご夫婦のほかにご家族で来ている方もいて、スタッフも若く素敵で、雰囲気は好きですねぇ。和服の美人女将も印象的でした。

彼はビール、私はソフトドリンクで…と見ると赤葡萄ジュースに目をひかれて頼んだんですが、これが今まで飲んだ葡萄ジュースのなかで一番美味しかった。フレンチでお酒を飲めないと、気が引けるんですけど、これは外から見たら赤ワインに見えて嬉しかったなぁ。なんでもワインに使用する葡萄で作られたジュースだそう。時間が経つにつれ、ワインと同じように味がだれてくるのにもビックリ。

アミューズ・グール(おつまみ)はオリーブとサラミ。良いオリーブならではの爽やかな酸味が広がります。

コースは冷製・温製料理、メイン、デザートから好きな一皿を選べる8400円のコース。このお値段で下記内容ですよ。ご覧あれ〜

アミューズ アミューズ2
豚肉のリエットは普通かな。右はアボガドと茄子とトマトのムース。夫の料理の師匠ならアボガドじゃなくてえんどう豆を使うねとかおしゃべり。

タスマニア産サーモンの瞬間燻製ランティーユヴェールとりんごの酸味と共に カニのムースリーヌのチリメンキャベツ包み キャビアとオマールエビのマリネを添えて
冷製料理。夫はタスマニア産サーモンの瞬間燻製この厚さ!夫も前の料理店で燻製を作っていたようですが、このサーモンは気に入った様子。身はしっとりとして、燻製というもともと保存用の調理法が新たな味わいを作り出しているのに驚きました。
私はカニのムースリーヌのチリメンキャベツ包み。キャビアとオマールエビも乗っています。こうした別々の味付けの素材を盛り付けて、一緒にして食べるのって、日本食にはあまりないですよね。ひとさじずつ味わいが違って、クチの中がワクワクします。味わいは控えめでサラダのよう。

料理の説明も、質問すれば必ず分かりやすい答えが返ってきて、食べるのが楽しいです。なんというかシェフとスタッフとお客の距離が近いんですよね。このあたりから夫はワインを楽しんでいました。

本日選りすぐりの鮮魚をその日のイマジネーションで ほうれん草で包んだオマールエビとムース ソースシヴェ
温製料理。夫は日替わり料理のえーっと白身魚(汗)。ワインの風味が強いソースで私は苦手だったけれど、皮目がパリッと焼かれて美味しかったです。私はほうれん草で包んだオマールエビとムース。お腹が減っていて、スープとか避けてたら、冷製料理とかぶっちゃいました(^^;)これは普通かなぁ。ほうれん草、どうやったらこんな綺麗に巻けるんだろう?

エゾ鹿ロース肉のポワレ ポワブラードソース
フレンチならこの時期必ず食べたかったエゾ鹿。夫がこのお店を提案してくれた時も「鹿あんの?」と聞いたぐらい。それで出た!この塊!きめ細かい赤身の肉が美味しい。力強さを感じます。ポワブラードソースもワインの味が出すぎなくて好みの味でした。この一皿だけでも他のお店では5000円以上するんじゃないでしょうか。あと2皿は食べられそうでした。

ホロホロ鶏 パン美味しい
夫はこれまた日替わり料理のホロホロ鶏のスパイシーロースト。クミンが使われ、なんとなくカレーっぽい。
ライ麦パンとローズマリー入りのフォカッチャも美味しかったです。ライ麦パンとオリーブオイルの相性抜群♪

ソルベ柚子のソルベ。氷の粒が大きめで、フレッシュで好きですね。でも、お肉料理の後に出て良かったのかな?

アイスとシャーベットの盛り合わせ クラシックなサヴァラン
デザート。私は手作りアイスとシャーベットの盛り合わせ。キャラメル、チョコ、ミカンシャーベット。それぞれ美味しかったけれど、ちょっと食べにくかったです。夫はクラシックなサヴァラン。バニラビーンズたっぷりで、大き目のサヴァラン。ラム酒が効いていて、私は苦手だけれど良くできたサヴァランでした。

お茶 プチフール
ハーブティーなど全部で10種類くらいある飲み物から、私はアールグレイ&ミルク、夫はコーヒーをチョイス。タンブラーやiittalaのコップはかわいいですね。でも、マドラー代わりのミニ泡だて器は個人的にはないかなぁ。味はうーん、私は残しちゃいました。

プチフールは何か(失念)とグレープフルーツのジュレ。それからカカオ多めのチョコ。これならコーヒーの方が良かったかも。


お店全体に温かみがあって、手間をかけた料理をリーズナブルに頂けるのはとても評価したいけれど、なんというのか、調理や素材の"加減"が私の好みには合いませんでした。イタリアン(ちと微妙)ではあるけれど、同じコース料理を頂くなら、横浜のふうじんが男らしく個性的で好きですねー。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

東京メトロ銀座線田原町駅より徒歩4分/お好み焼き-浅草染太郎

浅草 染太郎
浅草染太郎 →★★★☆
住所:東京都台東区西浅草2-2-2  MAP

合羽橋に向かう途中にたまたま店前を通って、迷ったあげく、帰りに寄った浅草の有名店(私は知らなかった)。昭和初期に建てられたお店は当時の面影が残っていて、いかにも外国人にウケそうな佇まい。

うちらは夕飯には少し早い時間に入ったので、すぐ座れましたが、いつもは行列しているそうです。

味わいありすぎ お座敷のみ
店内は全て畳のお座敷で、写真の通り、お店というよりも染太郎(初代女将の芸名)の家といった感じです。クーラーはなく、暑いので、来店する日時は選んだ方が良いかと思います。

カキ氷と豚天
私は割りとお腹がいっぱいだったのと、暑かったので、抹茶ミルク氷を注文。普通に美味しかったです。彼は豚天(630円)を注文。量は少なめですが、それでも安い価格ですね。生地や具材は普通ですが、ソースがよくあるおたふくソースではなく、無添加的なすっきりした味わいのオリジナルソースで、多少好き嫌いが出そう。マヨネーズや鰹節に別途料金がかかるのはちょっとなぁ。

焼きそば
焼きそばは麺が太くコシがあり、美味しく頂けました。

他に、お染焼きやシュウマイ焼き、パンカツなどの気取らない下町らしいメニューも豊富で、家族やグループで来るのが良いんだろうなという感じでした。

ちゃぶ台がカワイイ今はお店が有名になって、ガイドブック片手に入る方が多くなったかと感じますが、
浅草が歓楽街だった頃は、作家や芸人などがこぞって訪れていたそうです。

もともとは子どもを育てながらできる商売と始めたお店が、こんなにも愛された背景には、やはり女将の人柄の良さ・人情の深さがあったのでは、など考えながら、お店をあとにしました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

つくばエクスプレス浅草駅より徒歩2分/おにぎり-ひいらぎ

ひいらぎひいらぎ →★★★★☆(美味しい肉巻きおにぎり)
住所:東京都台東区西浅草2-25-12 MAP
営業時間:11:30〜
TEL:03-3845-5013

合羽橋の帰りにぶらぶらしていたら、店前の黒板に「牛巻きおにぎり」とあるお店を発見。以前、肉巻きおにぎりでは苦い経験をしていたので、足を止めてしまいました。

販売しているのは牛巻きおにぎりとおいなりさんだけ。5席ほどのカウンターがあるだけの本当に小さなお店なのですが、それが余計に気になって入ってみました。

脱サラをしたご主人とその奥様(?)はとても気さくな方で、最近OPENしたそうです。

牛巻きおにぎり
そして、これが牛巻きおにぎり(大300円)。写真でお分かりのように、とても丁寧な仕上がり。上質な牛肉とご飯がほろりとくずれ、甘辛いタレがクチ中に広がって…これですよ、これ。肉巻きおにぎりとしてはかなり美味しいです。味はまさにすき焼きで、お肉の質やにぎり加減が良いんです。

以下、お店のこだわり文から

・牛肉は有名老舗肉屋小島商店の山形牛。
・味付けはフランス料理の名店シェ・イノの料理長直伝
・お米はこだわり寿司店使用の上等米
・ご飯にはニッピコラーゲンが炊き込まれています

惜しむらくは大きさでしょうか。にくまき本舗のようにがっつり感はありません。けれども、とにかく質と味が良いです。どちらかといえば両親や祖父母に買っていってあげたい逸品ですね。

わさびいなり折角なので、わさびいなり(80円)も頂きました。油揚げは蔵前にある老舗豆腐店「高見食品」のもの、わさびはマルマサ山葵農園のものを使用しているそうです。すっきりした辛味で、夏にはぴったりでしょうね。こちらも手土産にはもってこいと感じました。美味しいです。

「ホームページも出していないし、立地上、今はご近所の方にしか知られていない」と話されていましたが、今後広まっていけば、浅草の新名物になりそうな予感がします。それ程、商品の完成度は高いですし、品があります。

ちゃんとした肉巻きおにぎりが存在していた事が嬉しかったので、☆をプラスしました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

都営浅草線浅草駅A1出口より徒歩1分/どぜう料理-駒形どぜう

駒形どぜう →★★★★☆
住所:東京都台東区駒形1-7-12  MAP

浅草散歩も随分してきたので、今まで行ったことのない有名店、どじょう料理専門店の駒形どぜうに伺ってみました。

駒形どぜう 駒形どぜう店内
創業1801年、江戸時代から200年以上続いている老舗。味わいのある古民家のような店構えです。お店は第二次世界大戦で全焼してしまったそうなので築60年程かな?1Fはお座敷、うちらが案内された地下1Fはテーブル席になっていました。

老若男女いて年齢の幅も大きく、賑わいがあります。江戸時代でもこんな風に皆でどじょう鍋を食べていたのかなと思うと、なんだか感慨深いですね。

どぜうなべ
彼は午後4時までのどぜう定食(どぜうなべ、田楽、どぜう汁、お新香、ご飯で2550円)を注文。そして、これが創業時からあるどぜうなべ。簡易のコンロに乗せられてきますので、目の前で熱々を頂けます。小さいわかさぎ程の大きさのどじょうがびっしりと並べられていて、見た目に品を感じます。

どじょうは生きたまま酒に漬け、味噌で下味をつけたあとに割り下で煮ているとのことで、臭みがなく骨まで柔らかいです。割り下は薄い蕎麦つゆのような味で、たっぷりのネギと山椒(七味)をかけて頂くと、それはもう上品なお味で、体がぽかぽかと温まってきます。

どじょうはカルシウム、ビタミン、鉄分などが豊かな食材。ネギと一緒に食べるとカルシウムの吸収も良くなるそうで、栄養的にも素晴らしい料理ですね。

ねぎは自由 ご飯など
田楽は豆腐とこんにゃく。テーブル脇にはネギが盛られており、好きなだけかけられます。左の駒形と書かれた器にはご飯が入っていました。お新香もこれだけお客さんが出入りしているのに綺麗な盛り付けです。ご飯も美味しい。

どぜう汁どぜう汁はがらっと変わって濃い甘味噌味。これでご飯が何杯も食べられそうです。

柳川なべ
私は単品で柳川なべ(1500円)を選びました。出来立てを鍋(?)ごと持ってきて下さるので、とても熱いです。お味は、こちらも上品な甘辛。ごぼうも柔らかく、美味しい(^^)骨をとって開いているので、どぜうなべより食べやすいですよ。

ほかに一品料理も多いですし、珍しいくじら料理もあるので、大勢で行っても楽しめそうです。

食材も良く、接客もお茶のお代わりは言わなくてもして下さるし説明も徹底されているようで、老舗というだけでなく、浅草の名店でもあると感じました。次回は家族と一緒に来れたら嬉しいなぁ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

つくばエクスプレス浅草駅より徒歩2分/喫茶-珈琲 天国

珈琲 天国 →★★★★
住所:東京都台東区浅草1-41-9  MAP

浅草六区通りと伝法院通りのちょうど境目あたりにある、女性一人で切り盛りしている小さな喫茶店。一度、ここのホットケーキを食べてみたかったんですよね〜。

珈琲 天国 美味しそう
アンティークなレンガが素敵な小さなおうち。表のショーケースにあるホットケーキと見栄えが良いホットドッグにそそられます。2005年6月OPENしたそうなので、まだそれ程古いお店ではないのですが、前のディスプレイをいかしているせいか、もっと前から浅草にあったように思えます。

店内は15席程度で、うちらが来た時はすぐ座れました。冷房がよくきいていて、まさに「天国」でした(真夏日でした)。

ホットドッグ
彼は大きなウインナーと"天国"の焼印が特徴のホットドッグとドリンクがセットになったプレーンホットドッグセット(700円)を注文。ドリンクはホットのブレンドコーヒー(写真には私の頼んだアイスティーが写ってます)。

コッペパンのような愛らしい形のパンと、ボイル(かな?焼き色はついていません)したソーセージ、ケチャップ、マスタードだけのシンプルなホットドッグで好感がもてる味。コーヒーもその場で挽いて淹れてくれています。

ホットケーキ
そして私はホットケーキセット(800円)。運ばれてショックだったのは大きさ。ショーケースのよりも一回り小さい…カップソーサーぐらい、マックのパンケーキぐらいの大きさでしょうか。バターもショーケースのより随分小さい…まあ、小ぶりで可愛いですけどね!

粉はオリジナル&注文後に焼き上げるだけあって、表面はサクッと中はふんわりの理想的な焼き上がりです。でも、それだけではなくて、生地がとても軽くて味わいがすっきりしているんです。とても美味しいです、このホットケーキ。品のある乙女のおやつという感じかな。

アイスティーも手順をふんだ自家製のものでした。でも、少し渋めだったかな。


店長の女性の方は明るくて気立ても良さそうで、常連のお客さんも多そうでした。

プロのものとは少し違いますが、どれも店長さんのお人柄が出ているようで心地よかったです。寄駅はつくばエクスプレスの浅草駅ですが、他の浅草駅からも徒歩圏内です。浅草寺の帰りがお薦めかも。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

都営浅草線A6出口より徒歩1分/中華-馥香(フーシャン)

(浅草のカテゴリに入れていますが、浅草駅とはだいぶ離れている場所です)
馥香 (フーシャン FU XIANG) →★★★
住所:東京都台東区柳橋2-14-2 アリス・マナーガーデン浅草橋1F MAP

仕事で浅草橋に寄ったついでに、お昼を食べたお店です。

馥香 馥香店前
浅草橋ではあまり見ないモダンな店前と内装。雰囲気からか、12時前に伺った際は奥様達が多く座っていました。

ランチは種類が豊富で、どれも美味しそう。しかも3日間だけのメニューということなので、シェフの幅広いレシピとサービス精神の高さがうかがえます。

ちなみにこの日のランチは

ランチセット(小鉢・デザート付)
■各980円
・活ハマグリと海老入りあっさりスープそば
・鶏肉と黄金ニラの塩焼きそば
・ジャコと高菜のピリ辛チャーハン
■各1200円
・鶏肉の白湯煮込みスープそば
・真鯛のソテー ココナッツシースがけ
・大和豚スペアリブの黒酢ソース和え

ほかに1890円と2630円のランチコースもありました。

大和豚スペアリブの黒酢ソース和え
私が頼んだのは大和豚スペアリブの黒酢ソース和え。どれも手作りしていて、オシャレで好感はもてましたが、量は足りませんでした。まあ、もともとそこそこ食べる顧客はターゲットではないと思いますけどf(^^;)味も美味しいけれど、特別という味ではありませんでした。

モダンな店内 デザート
デザートがついているのは嬉しいですね。ジャスミン+ミルクのゼリーだったかな?(記憶違いかも)

総合的に質は良かったですが1200円のランチとして考えると、少しお高い気がしました。小食の方なら良いのかも。私は2回目はないかなぁ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > 食べ歩き > 東京-浅草 Archive


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top