Home > 道具・調味料 > 山田工業所の鉄打出片手中華鍋

山田工業所の鉄打出片手中華鍋

山田工業所 鉄打出片手中華鍋33cm山田工業所 鉄打出片手中華鍋33cm →★★★★★

底がでこぼこして焦げ付かない中華鍋というのをもらったんですが、汚れが溝にたまって汚いし、焦げ付いてばかりだったので、ちゃんとした中華鍋を購入。4人分の炒め物ができるサイズということで33cmを選びました。鉄製だと重そうですが、同じ大きさならフッ素樹脂加工のフライパンの方がずっと重いです。薄さが違うんでしょうね。

最初だけは鍋自体に張ってある酸化皮膜を取って油を馴染ませる空焚きをするんですが(空焚きの仕方はこちらを参照)、ぴぴっとコンロだと空焚きしてると自動的に火が止まっちゃうんですよね。五徳に引っ掛けてセンサーが動かないようにしたりして、意外に手間がかかりました。

でも、作業を終えると、青光りする美しい鍋肌に!早速、チャーハンを作ってみましたよ。

チャーハン
焦げ付きは一切なく、火の通りも早く、米粒一つ一つがコーティングされている、美味しいチャーハンができました。家でつくれば原価200円程でこのクオリティー。ますます外食するお店選びが難しくなりました…。

ちなみに奥のは小田急デパ地下で買った福岡の新野菜「蕾菜(つぼみな) 」(アブラナ科の種類のわき芽のつぼみの部分)と手作りのオイルサーディン、しめじを炒めたもの。炒めると緑が鮮やかになりますよね。個性はあまりないけれど、食べやすく使いやすい素材ではあります。

Home > 道具・調味料 > 山田工業所の鉄打出片手中華鍋


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top