Home > 手作りした食品 > マンションで鯵の干物を手作り

マンションで鯵の干物を手作り

近所のスーパーで新鮮で大ぶりの鯵が買えたので、早速、干物づくり!

新鮮で大ぶりの鯵 背開きに
1匹150円。これを5匹買いました。ひとまず、今回は様子見ということで、あまり冒険せずに一般的な背開きにしました。

塩水に浸して ベランダで干します
これを海水ぐらいの塩水(3%)に20分漬けて(用事があって20分しか漬けられませんでした)、ベランダで干しました。この網、実は100円ショップ(キャンドゥ)で見つけたもの。写真のように連結が可能なので、これは良い買い物でした。入口はちょっと小さいけど、チャックもついているので、虫対策は万全。梅干も干野菜にも応用できそうだし、オススメです(^^)

ちなみにマンションなので干してる臭いとか気にしたんですが、5匹だけだし、風通しも良い(←重要)ので、近くにいても全く気になりませんでした。まあ、腐敗してる訳じゃないですし、気にしすぎだったかも。浮間に住んでた時よりも階は高いし、車もほとんど通らないので、干す環境は良くなりました。

普通は6時間ほどで完成なんですが、身に厚みがあるため、12時間ほど干しました。2匹は家で、3匹は夫の実家におすそわけです。調理した写真はこちら。食べた感想としては、塩味がちょっと薄かったけど、旨味が凝縮していて、美味しかったですね。今回はフランスの比較的さらっとした塩を使ったんですが、干物にはミネラルの多い塩の方が面白い味に仕上がりそうな気がしました。漬ける時間も改善していきたいですね。また良い魚が手に入ったら試してみます!

Home > 手作りした食品 > マンションで鯵の干物を手作り


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top