Home > 東京-赤羽・板橋 > 板橋区舟渡からの図書館利用

板橋区舟渡からの図書館利用

仕事をしている時は時間が惜しかったため、読みたい本はamazonや書店で購入していましたが、時間はあれど無駄遣いはできない身分になってからは、図書館を利用しています。

借りる本はほとんどが料理関係。それから編み物や雑貨、インテリア、主婦雑誌。あとは必要に応じて実用本を見たり。埼玉への引越しを控え、そんな私の図書館利用をまとめてみたいと思います。

※板橋区舟渡に住んでいたり働いている方にとって、何かご参考になればと思います。

蓮根図書館蓮根図書館 MAP
浮間から一番近い図書館で、私が一番利用した図書館です(^^)自転車で10分くらいでしょうか。団地の中にあり、板橋区立図書館で一番小さい図書館だそうです。

「なんだ小さいんだ。ほしい本なさそう」と思われた方、甘いですヨ。読みたい本は予約をしておけば、他の図書館にあっても蓮根図書館で借りられるんです。それに利用者が少ないためか、静かだし、貸出カウンターも並ばずに良いし、自転車もすぐ置けて良いことづくめ。特にこの図書館は料理関係の品揃えが良いので、夫とも訪れたことがあります。

高島平図書館高島平図書館 MAP
浮間に来てから一番最初に訪れた図書館です。なんといってもマンモス団地の近くにある図書館なので、利用者も多そうだし、広いし…と思ったのですが、主婦の利用が多いせいか、料理本や主婦雑誌の在庫はほとんどありませんでした。書架も高さが低いものが多くて、思ったより蔵書の数は少ないのかもしれません。というか、利用者数が多すぎるんでしょうね。カウンターも少し並びます。小説や文庫本、雑誌の種類は多かったですね。近くに住んでいるならまだしも、わざわざ自転車で行く必要はないかなぁ。

志村図書館志村図書館 MAP
板橋中央総合病院の帰りに寄った図書館です。地下1階にも書庫があって、訪れた板橋区立図書館のなかで一番ゆったりとしてキレイでした。平日に伺ったのもあるんでしょうが、書架の本がビシーッと「整然」となっているのは気持ち良かったです。料理本や主婦雑誌の品揃えは普通で、暮らしの本(節約とかシンプルライフとか)が多かったように思えました。バス停からも歩くし、2回目はないかなぁ。

自転車だと坂を登るか、バスで「舟渡町」乗車「志村一里塚」下車(210円)です。

ときわ台駅 中央図書館
中央図書館 MAP
一番大きいという中央図書館に一度は行ってみたかったんですよね。浮間舟渡駅のバス停からときわ台駅行きに乗って「ときわ台駅」下車(210円)です。第一印象としては「年季がある」「思ったより大きくない」でした。フロアの面積は大きくなく、階段で上り下りするのが面倒でしたね(エレベーターあったかも)。中央図書館なので参考図書や地域の資料集めに力を入れているらしく、料理本は蓮根図書館と同じくらいか少し多い程度だったのは残念でしたが、蓮根図書館とかぶらない本が多く、これはこれで収穫がありました。

ときわ台駅周辺がもう少し面白かったら再訪するだろうな、といった感じでしたね。良さそうな飲み屋は多かったんですけどね。


…結論としては、蓮根図書館がぶっちぎりでNO1なんですけど、何かのついでに他の図書館に寄ると発見がありますよ(^^)私は料理本や主婦雑誌しか見てませんし、他の目的ならまた別の図書館が役に立つと思います。


本の返却はここで!それから便利なのが、舟渡地域センターにある24時間図書が返却できる図書返却ポスト(ブックポスト)(場所はコチラ)。好きな図書館で借りて、でも、返却は徒歩圏内でできるというのは心理的にもとっても楽です。場所も良くて、駅に向かったりマルエツで買い物する途中で寄れるので、是非図書館を利用してみてください(^o^)

Home > 東京-赤羽・板橋 > 板橋区舟渡からの図書館利用


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top