Home > おやつ'09 > 長崎カステラ食べ比べ

長崎カステラ食べ比べ

九州旅行で買ってきたカステラを食べ比べしてみました!

匠寛堂匠寛堂(しょうかんどう)の「五三焼」佳好帝良(カステラ)→★★★★
価格:1斤2100円
創業:1985年
原材料:玉子、砂糖、小麦粉、米飴、蜂蜜
賞味期限:20日程度

作る数が少ないためか、めがね橋側の工房&販売所でしか買えない貴重なカステラ。雨のところ伺ったら、お茶とカステラを出して下さり(多分、いつも出してると思う)、営業も品がありました。さすがカステラを皇室、宮家へ献上しているだけあります。名前は卵黄五・卵白三の割合からきているらしいです。

見事な黄身色で、とてもキメが細かい!ふんわり感には乏しいですが、しっとりと焼きあがっています。食べてみて黄身が多いのがよく分かる贅沢な品ですね。甘味も若干強いので日本茶に合わせたいカステラです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
松翁軒松翁軒(しょうおうけん)のチョコラーテ →★★★
価格:1号1680円
創業:1681年(天和元年)
原材料:玉子、上白糖、ザラメ、小麦粉、水飴
賞味期限:15日〜17日程度

カステラにチョコを練りこんだチョコラーテが美味しいとあったので、買ってみました。0.5号から買えるのが嬉しいですね(写真は0.5号)。キメが細かくしっとりしていて、少しふわっとしています。チョコ味も軽くなく、こだわりが伺えます。カステラとチョコが本当に上手い配合で作られていると思います。

ただ、他のカステラと比べた場合は普通のカステラの方が飽きがこなくてシンプルで美味しいし、チョコケーキと比べた場合は圧倒的にチョコケーキの方が美味しいので、今後、わざわざ食べる理由が浮かびませんでした。あくまで変わりネタかなぁ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
キューブカステラ 福砂屋
福砂屋(ふくさや)のキューブカステラ →★★★★★
価格:1号1680円
創業:1624年(寛永元年)
原材料:玉子、上白糖、ザラメ、小麦粉、水飴
賞味期限:7日程度

圧勝なのがこの福砂屋。1人の職人が卵の手割りから焼き上げまで一貫して作るカステラはふんわりしっとり。そして底のざら目がシャリッとアクセントになり、飽きがこない。一番カステラらしいカステラであり、誰が食べても美味しいカステラなんだと思います。

加えて、包装紙や支店のデザインがとてもモダンでカステラの魅力を一層引き出していました。今回買ったのはキューブカステラという商品。ポップな色のキューブにカステラが2個と組み立て式のフォークがセットになっていて262円です。会社同僚や友達へのお土産には最適!どこがデザインしているか分かりませんが、素晴らしいですね。歴史ある本店と東京青山にあってもおかしくない支店の内外装のギャップもまた素敵です。

有名すぎるし、都内でもわりと手に入る商品なので、お土産としてみたら無難すぎるのが唯一の欠点かな。でも、それでもオススメ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

※1号と1斤は呼び方が違うだけで量は同じそうです。ですが、正しいか分からない情報なので、表記名をそのまま使いました。


※番外編
番外編毎日カステラ食べるのに飽きて、生クリームをつけてみました。写真奥で見づらいかもしれませんが、少し手をかけるだけでカステラが市松模様になって素敵ですよ(^^)

ミルクティーには作ったカラメルをかけてみたら、水の量が少なくて飴になってしまいました(><)写真のは既にべっこう飴です。近いうちに再チャレンジしてみます!

Home > おやつ'09 > 長崎カステラ食べ比べ


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top