Home > 東京-浅草 > 都営浅草線浅草駅A1出口より徒歩1分/どぜう料理-駒形どぜう

都営浅草線浅草駅A1出口より徒歩1分/どぜう料理-駒形どぜう

駒形どぜう →★★★★☆
住所:東京都台東区駒形1-7-12  MAP

浅草散歩も随分してきたので、今まで行ったことのない有名店、どじょう料理専門店の駒形どぜうに伺ってみました。

駒形どぜう 駒形どぜう店内
創業1801年、江戸時代から200年以上続いている老舗。味わいのある古民家のような店構えです。お店は第二次世界大戦で全焼してしまったそうなので築60年程かな?1Fはお座敷、うちらが案内された地下1Fはテーブル席になっていました。

老若男女いて年齢の幅も大きく、賑わいがあります。江戸時代でもこんな風に皆でどじょう鍋を食べていたのかなと思うと、なんだか感慨深いですね。

どぜうなべ
彼は午後4時までのどぜう定食(どぜうなべ、田楽、どぜう汁、お新香、ご飯で2550円)を注文。そして、これが創業時からあるどぜうなべ。簡易のコンロに乗せられてきますので、目の前で熱々を頂けます。小さいわかさぎ程の大きさのどじょうがびっしりと並べられていて、見た目に品を感じます。

どじょうは生きたまま酒に漬け、味噌で下味をつけたあとに割り下で煮ているとのことで、臭みがなく骨まで柔らかいです。割り下は薄い蕎麦つゆのような味で、たっぷりのネギと山椒(七味)をかけて頂くと、それはもう上品なお味で、体がぽかぽかと温まってきます。

どじょうはカルシウム、ビタミン、鉄分などが豊かな食材。ネギと一緒に食べるとカルシウムの吸収も良くなるそうで、栄養的にも素晴らしい料理ですね。

ねぎは自由 ご飯など
田楽は豆腐とこんにゃく。テーブル脇にはネギが盛られており、好きなだけかけられます。左の駒形と書かれた器にはご飯が入っていました。お新香もこれだけお客さんが出入りしているのに綺麗な盛り付けです。ご飯も美味しい。

どぜう汁どぜう汁はがらっと変わって濃い甘味噌味。これでご飯が何杯も食べられそうです。

柳川なべ
私は単品で柳川なべ(1500円)を選びました。出来立てを鍋(?)ごと持ってきて下さるので、とても熱いです。お味は、こちらも上品な甘辛。ごぼうも柔らかく、美味しい(^^)骨をとって開いているので、どぜうなべより食べやすいですよ。

ほかに一品料理も多いですし、珍しいくじら料理もあるので、大勢で行っても楽しめそうです。

食材も良く、接客もお茶のお代わりは言わなくてもして下さるし説明も徹底されているようで、老舗というだけでなく、浅草の名店でもあると感じました。次回は家族と一緒に来れたら嬉しいなぁ。

Home > 東京-浅草 > 都営浅草線浅草駅A1出口より徒歩1分/どぜう料理-駒形どぜう


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top