Home > 手作りした食品 > 梅干し作り:塩漬け

梅干し作り:塩漬け

梅干、届きました!
ヨークマートでたまたま梅干の予約受付があったので、申し込んでみました!和歌山産、3kg3000円のLサイズ。その後、スーパーで安いものを見つけては失敗したかと思いましたが、届いたら粒がそろっていて傷もない良い梅で安心しました(^^;)

初めての梅干作りということで、NHK『今日の料理』を参考に進めてみました。失敗なくできる塩分濃度は20%(カビが生えないらしい)だそう。なお、塩漬けは6月上旬〜中旬に行うのが良いみたい。

材料:梅3kg、塩600g

良いお色
届いた時は黄緑色だった梅が数日、日の当たる場所に置いたら、黄色に熟してきました。オケに入れて軽く水洗いします。

ヘタをとって
ヘタをとりながら、汚れのある梅を取り除いていきます。でも、取り除く必要のある梅はありませんでした(^^)

水気をよくきって
水気をふき取ります。

天日塩
今回使用する塩は、赤穂の天塩。フィーリングで、天日塩&にがりが多すぎないものというので選びました。クセがなさそうだし、梅の味を引き立ててくれそう。

塩をすりこみます
全体に軽く、この塩を一つかみほど、まぶしていきます。

ホウロウの容器にいれて
塩分と酸に強いホウロウの容器は焼酎を少したらしてキッチンペッパーでふき取って消毒。その後、塩を一つかみいれ、塩をまぶした梅を敷き詰めては塩をふっていきます。ふる塩は上にいくほど強くした方が良いようです。

塩をいれます
最後に余った塩をふり入れます。

ほこりが入らないようにして
押しぶた+重石があればスマートなんですが、どちらも良いサイズのがなかったので、代わりに幅広の丸い保存容器をのせて、ほこりが入らないようにキッチンペーパーをかぶせました。

ありあわせのもので…
梅の重量の2倍の6kgぐらいになるよう、ありあわせのもので調整!雑誌を組み合わせると良いみたい(^^)

塩漬け成功〜♪
んで、1週間後。梅酢がこのようにあがってきていると成功!カビも生えず、順調な滑り出しです。重石を半分の3kgに減らして、赤じそが出回る6月中旬〜下旬まで漬けておきます。

Home > 手作りした食品 > 梅干し作り:塩漬け


あしなが育英会

About
yumi

1978年横浜生まれ横浜育ち。2009年、料理人の彼と結婚して埼玉県さいたま市に引越。 "食べること"と"お金の活用"と"人生の考え方"を日々追求中!
《近況》派遣で働きながら、個人事業主としてネットでお仕事してます。夫の居酒屋の経理とホール係もお手伝い中★

>>Contact

Pick up

Search
Feeds

Return to page top